イケさんのブログ

3歳の息子がいるパパの奮闘記。仕事は教育ITベンチャーに転職したばかり。仕事や教育や子育てについて、ゆる〜く書いていきます。

【予備校から教育系ITベンチャーに転職して3ヶ月】「逃げた負け犬」であり「使えない奴」であるという「自覚」がもたらしたもの

転職して3ヶ月が過ぎました。

試用期間(?)を終え、今思うことを書いておきたいと思います。塾予備校といった民間教育業界から転職を考えている方の1つの参考になれば。

 

  • 私は「逃げた負け犬」だった!?
  •   「ホワイト」vs「ブラック」
  • 「使えない奴」である自覚
  • しかし「負け犬」であり「使えない奴」だと「自覚」できた
  • 前職に感謝を、今後の教育業界におけるキャリア設計には危機感とワクワクを
    • (参考)

 

私は「逃げた負け犬」だった!?

 

転職した理由は以前書いたので、興味のある方は

大手予備校から教育ITベンチャーへ転職した理由① - イケさんのブログ

大手予備校から教育ITベンチャーへ転職した理由② - イケさんのブログ

をご覧いただきたいのですが、

見方によっては「逃げた負け犬」なのかもしれません。

なぜそう思ったのかというと、、、

続きを読む

10/29私塾界リーダーズフォーラム2018に行ってきた!【その2】

10/29私塾界リーダーズフォーラム教育ICTカンファレンス2018に参加してみて

f:id:m-y-m_ikegami:20181103232131p:plain

引き続き、教育ICTリサーチ ブログさんによるレポートと、為田裕行さん(@Hiroyuki_Tameda)のツイートから引用させていただき、自分なりに感じたことをまとめていきたいと思います。

引用元:

教育ICTリサーチ ブログ

為田裕行 (@Hiroyuki_Tameda) | Twitter

続きを読む

10/29私塾界リーダーズフォーラム2018に行ってきた!【その1】

10/29私塾界リーダーズフォーラム教育ICTカンファレンス2018に参加してみて

2018年10月29日、私塾界リーダーズフォーラム教育ICTカンファレンス2018というイベントに、私は協賛企業の一員として、参加させていただきました。

私塾界が主催されているこのイベントですが、転職したことで初めて知り、初めて参加しました。

「教育ICTカンファレンス」ということで、全国各地から、教育に対し感度が高い方々、そして意欲ある先生方が参加されている印象を受けました。

f:id:m-y-m_ikegami:20181103232131p:plain

続きを読む

急増している「自立学習」の塾とは?

同僚が書いてくれた記事です。
急増している「自立学習」の塾とは?というテーマ。
今私も取り組んでいます。


「自立学習塾」を作るには、環境を整えることも、ツールを用意し与えることも大事なんですが、上手くいっている塾に共通しているのは先生方の志が高く生徒愛が強いこと。そして体現するためのオペレーション創りが秀逸です。

 

後々この辺り、私なりにまとめたいなーと思っているので、

用意ができたら発信します!

 

www.moshiben.com

ある尊敬する塾の先生が仰っていたこと

今日はこれに参加してきました。

shikyoiku.net

 

今日の学び。

ある尊敬する先生が、仰っていたこと。

 

・とにかく生徒を応援できる塾を創ろうと思った。

・とにかく生徒の教科学習を効率化することにチャレンジ。

・いろいろ探した結果、ITツールに行きつくことが多かった。

・変化を厭わずチャレンジングにワクワクするITツールをどんどん試した。

・3年で100近い失敗から学びベスト20を掴んでいった。

・その中でベストツールは Studyplus for School 。

Studyplus for School:先生が生徒を褒める機会を最大化する

 

今輝いている方も、今を切り取ればそう見えるかもしれないが、実はトライ&エラーで積み重ねてきた中にいるだけのこと。

 

 

初川越

3連休最終日に、家族3人で川越に行ってきました。

初めての川越でしたが、台風一過で10月なのに暑く、そしてすごい人混みでした。。。

f:id:m-y-m_ikegami:20181012004325j:image

 

どこも混んでいて、食べたかったものも買えない、昼食はどこのお店も空いていない、という状況だったのが残念。

また落ち着いたときに行きたいな。。。

大手予備校から教育ITベンチャーへ転職した理由②

今日は昨日に引き続き、大手予備校から教育ITベンチャーへ転職した理由を書いています。

 

 (続き)

が、2月。

嫁から「今の生活を続けていくのはもう無理。」と相談されました。

 

辞めるつもりがなかった私は何とか仕事を継続しながら問題を解決する術を探しましたが、そんな術はなく。。。かと言って他部署に行ってまで働きたいという気持ちもない。踏ん切りのつかない私と嫁が口論になることもしばしばでした。

 

そのとき、ふと考えたのは、

「何で働いているんだっけ?」

「俺の人生って何が大切なんだっけ?」ということ。

結論は、家庭において夫であり父である今、

『家族のため』だなと。

その『家族』が苦しんでいる今、自分が家族に関われる時間を増やす決断をすることに、なぜ躊躇する!?と思いました。

そして仕事は現場が好きだけど、現場で働いていくことは、確かにもう無理だなと。未練がないと言えば嘘になるけど、3年毎に転勤になってその都度家族を連れ回してまで現場に固執したくはないなと思うようになりました。

(ちなみにTハイスクールは転勤と共に、その校舎の付近に住まなければならなくて、「通勤したい」と言うと、なぜか白い目で見られたり、人事から怒られたりしました。笑 つまりほぼ引越を強要されていたわけです。)

 

そう考えたら自然と「転職しよう!」と思えるようになり、それからは早かった。2月にありとあらゆる転職サイトにエントリーして、仕事しながら、少しずつ説明会や面接に行ってみたりして。ただあまり急がず、4月までに決めようとか考えず、先1年くらいで自分に合う会社や環境を選ぼうと思っていて、ゆとりを持たせていました。

すると考える時間も取れて、キャリアの棚卸し、これまでの人生を元にこれからの人生をどう描くか、何をして生きていきたいのか、家族と仕事のバランスの理想、子ども教育資金や老後資金どうするなど、悶々と考えられました。

 

そして自分の中で軸がもう1度固まったとき、運とタイミングも重なり、5月に現職と巡り合いました。

最初はビズリーチでメッセージをもらって、「まぁ話だけでも聞いてみるかー」と思って軽いノリで行ってみたら、「あれ?教育ITベンチャーって面白そう!!」と。そのとき面接してくれたのが今の上長でした。この上長は、社長との最終面接後に直筆の手紙と、嫁にとルイボスティーを手渡してくれました。手紙には入社してくれたら私に任せたいと思っている仕事内容や、今後の事業展開などを書いていて、本当に必要としてくれていることが伝わってきました。また面接でポロっと言った嫁のことを気遣ってくれた姿勢にも感動しました。手紙は今でも大切に取ってあります。(笑)

 

そんな経緯で6月月初に決断し、7月は有給休暇を消化し(過去8年一度も一日も消化していなかった…)、8月から転職しました。

転職自体を振り返ってみると、転職して本当に良かった!

仕事も自分の領域を広げられている実感があって、ワクワクチャレンジしているし、家族と過ごせる時間もめちゃくちゃ増えました。子ども好きの私としては、土日終日、子どもと過ごせるなんて幸せ以外の何物でもないです。双方いいことしかなくて、決断して正解だったな~と思っています。

また、幸せを謳歌しつつ、自己成長に投資できる時間も増えたので、次のステップに向けて新たなチャレンジに取り組めていることも転職して良かったことです。このブログもそうですし、読書量も圧倒的に増え、FacebookTwitterもまめに発信するようになりました。また禁煙・減酒にも成功し、ランニングも週2~3回を習慣化することができています。以前の自分なら考えられない変化です。

以前同僚に、「ネクタイ締めずに8時間働いて、土日祝日が休みで、給料もらえるなんて、何てホワイトなんだー!!」と言ったら、「いや、普通でしょ!(笑)」と返されました。(笑) ブラックな経験値を積んでいた分、ホワイトの有難みを強く感じられるのかもしれません。

 

まとめ。

人生100年時代になるのであれば、転職なしで過ごす人の方が少ない時代になるのかもしれません。転職が良い・悪いではなく、自分が幸せに感じる方へ、ワクワクする方へ決断していけばいいんだなと学びました。転職を考える方の参考になれば幸いです。